FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

TG代行Deck!!

2013.02.01 Fri
一世を風靡したTG代行デッキの紹介記事。ま、まだ現役だし・・・(震え声)

untitjkled.jpg20a131cf.jpg


モンスター28枚

3《マスター・ヒュぺリオン》
このデッキの切り札。こいつの効果を使用することをヒュぺると言います

1《冥府の使者ゴーズ》
2《トラゴエディア》
守りの薄いこのデッキの頼れる奴等。出すタイミングを間違えないこと

1《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
言わずと知れたパワーカード。フィニッシャー

1《カオス・ソーサラー》
優秀な効果を持つカオスモンスター。出来れば効果を使用したターンにシンクロしときたい

2《神秘の代行者アース》
「代行者」をサーチできる。初手にこいつがいればモーマンタイ

3《創造の代行者 ヴィーナス》
こいつ一体でガチガチを生み出せるナイスカード

1《TG ストライカー》
3《TG ワーウルフ》
お互いにサーチしあえる仲。ワーウルフはワンキルのパーツでもある

3《神聖なる球体》
まぁ。

2《魔界発現世行きデスガイド》
1《クリッター》
こいつ一枚でリバイス、リヴァイ、マイン、アシゴを作れる超パワーカード
エクシーズだけでなくクリッターSSからのエンドでも十分強い

1《オネスト》
手札から急に襲いかかる恐るべき制限カード

3《朱光の宣告者》
ヴェーラーの対象を残さない版。コストが重いが強力

2《増殖するG》
今の環境なら腐ることはそうないので。トラゴーズが引ければ強いです


魔法7枚

1《死者蘇生》
1《大嵐》
3《サイクロン》
2《強欲で謙虚な壺》

罠4枚

1《神の警告》
2《奈落の落とし穴》
1《激流葬》


それではKILLパターンのテンプレを


手札:ヴィーナス、ワーウルフ、ヒュペリオン

ヴィーナスを召喚⇒球体2体SS⇒成功時にワーウルフをSS→球体2体からフェニクス⇒

ヴィーナスとワーウルフでリバイス⇒フェニクスの素材を1つ取り除く⇒

リバイスのヴィーナスを取り除く⇒墓地のヴィーナスを除外してヒュペリオンをSS

1500+1500+2500+2700=8200


手札:ガイド、ヴィーナス、ヒュぺリオン

ガイドNS⇒ガイドSS⇒手札ヴィーナス除外でヒュぺリオンSS⇒

ガイド二体でリヴァイエール⇒リヴァイエール効果でヴィーナスSS⇒

ヴィーナスで球体2体SS⇒球体2体でフェニクス⇒

フェニクス効果でリヴァイエール二回攻撃

1800+1800+1500+1600+2700=9400

こんなテンプレどおり進むことほとんどないけど大体こんな感じに展開していたら勝てる


代行はヒュぺリオンの使いどころが特に大事なのでSSするタイミングには是非気をつけてほしい

ガイドが無い人は開いた枠を《カードカー・D》で埋めても良いかも

正直、ガイドの代わりにはとてもならないがドローでアース、ヴィーナスを引けるかもしれない

ただ、バックの薄いこのデッキで車でドローした次のターン1KILLされるということも珍しくない

怨むなら環境を怨もう



「純代行」と「TG代行」の違い

TGが入っているかいないかというのは当たり前だがそれを踏まえたうえでそれ以外の違いを上げていく

①展開力

TG代行は純代行より展開力が高い

手札からSS可能なTG2体に加え闇が多いことによってカオスモンスターの採用が楽になっているので純代行と比べて展開力が高い

なのでKILLパターンも純代行より多めになっている

それにはやはり欠点もあり、展開の助けになるモンスターが多いかわりに魔法、罠の枠が少なくなってしまうのがTG代行の悲しい性

コンボ性を純代行より重視しているので手札がかみ合わない場合は全く動けなかったりすることも稀に

純代行はデッキに天使が多いのでクリスティアを積んだりヴァルハラを採用したりと単体でもなんなく活躍できるカードの採用が多かったりする

②ガイドとの相性

純代行ではリヴァイエールを出してSSするモンスターを作るにはヒュぺの効果以外ではむずかしいですが

TG代行にはヒュぺの効果に加え、カオスモンスターの除外コストなどもあります

皿をSSしたときにアースなどを除外しておくと

皿効果発動で相手モンス除外⇒ガイドNS⇒ガイドSS⇒リヴァイSS⇒

効果でアースSS⇒アースと皿で☆8シンクロができる

などコンボ性が純代行と比べて高くなります

またガイドでクリッターをSSし、SS成功時にワーウルフをSSすることによって

クリッターを残したまま★3エクシーズが出来ます

③除去カードの豊富さ

純代行での除去はヒュぺやシンクロだけに頼りがちですが

TG代行は除去効果持ちのモンスターが多めになっているのでアドをとりやすいです

召喚権を使わずにバックを一枚割りつつ☆5チューナーを出す手段もあります

ストライカーSS⇒SS成功時ワーウルフSS⇒☆5ワンダーマジシャン⇒効果破壊



このあたりが純とTG混合型の大雑把な違いですかね

これ見てみて自分にあった方を組むのが良いです

個人的にはクリスティア積まないでいいTG代行の方がフリー向きでお勧めですが・・・

TG代行のデッキ紹介記事でした^^
スポンサーサイト


Category:デッキレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<レギュラー争奪戦 | ホーム | 受験が終わったー>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://yutori1023.blog.fc2.com/tb.php/117-aa5e2a10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。